美容と運動の関係

【まとめ】体が硬くても大丈夫!ピラティスをやってみてよかったこと

こんにちは。
管理栄養士の北村絵梨子です。

突然ですが、告白します。
私はものすごく体が硬いです。
小学2年生の頃の体力テストで、前屈がマイナス2cmというとんでもない記録を出したことも。
今まで、大きなケガをしなかったのが本当に不思議です。

私とピラティスとの出会いは、関西美活でのイベントです。
初めは先生と同じポーズをとっているつもりでも、違うポーズになったりと、大苦戦でした。

家に帰っても出来るようにと、日常生活で気をつけたいことなども教えてもらえます。とりあえずは呼吸だけでもと思い、2~3回繰り返していました。

すると、次のレッスンでは少しポーズをとるのが楽になっていたのです。
わずかですが、お腹のポッコリが減っているなど、体の変化もわかります。

実際、私がピラティスにかけていた時間は5分もあるかないか。少しの時間ですが、効果は抜群です。

今日はピラティスを続けて得られる効果について書いていきます。
体が固くてヨガなどの運動を諦めていた人も、これを読めば取り組みたくなりますよ。

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガって、似たようなイメージをお持ちかもしれませんが、実は全く異なります。
ピラティスは体幹の筋肉を鍛えるためのもの、ヨガは心身の安息を得るためのものというように、目的が違うのです。
確かにヨガでは瞑想の時間がありますが、ピラティスではありませんよね。

ピラティスのメリット

ピラティスは、私のように体が固い人でも、ちょっとズボラな人でも、無理なく続けられる運動といえます。

毎日、仕事にプライベートに忙しく、なかなか運動する時間が取れませんでした。
ですが、ピラティスはほんの5分取り組むだけで、疲れた体と向き合い、呼吸や筋肉を意識し、正しい姿勢に戻すことで、リフレッシュすることができます。
実際にお腹のポッコリがなくなるなどの変化はもちろん、ピラティスに取り組んだ日は体が気持ちよく、1日が快適に過ごせます。
私が感じたピラティスのメリットは大きく2つです。

姿勢改善でヒップアップ

1つ目は姿勢がよくなることです。
骨盤を意識するので、自然と姿勢が良くなります。見た目も美しくなり、ヒップアップにも効果があります。

実際、骨盤を意識して立ってみると、おしりに力が入っているのを感じます。なかなかおしりを鍛えるのは難しいので、簡単に出来るのは本当におすすめです。

忙しい人こそスキマ時間でのピラティスがおすすめ

2つ目は簡単に続けられることです。5分もあれば実践できるので、思い立ったらいつでもすぐに取り組めます。

姿勢を整えるだけであれば、横断歩道や電車の待ち時間でも出来ます。姿勢が変われば歩き方も変わるので、どこにいてもピラティスが出来ます。
運動する時間がない方にもオススメです。

なので、体が固い人でもズボラな人でも、無理なく続けられる運動はピラティスです。
体が固くてヨガなどの運動を諦めていた人も、取り組みたくなってきたのではないでしょうか。

今日から始められるピラティス~呼吸を意識すること~

まずは呼吸を意識してみましょう。
インナーマッスルを意識して、たくさん空気を取り込み、思いっきり吐ききりましょう。
もちろん、プロのインストラクターに正しい呼吸法を見てもらうことがよいですが、呼吸を意識するだけでも、変化は現れるのではないのでしょうか。

ほんの少しの変化が、未来の身体を作ります。
出来る範囲で取り組んでみてくださいね。

ABOUT ME
北村 絵梨子
約5年間勤務した弁当給食施設を退職し、現在、フリーで活動中。 様々な活動に取り組んています。 【主な実績】 ・メタボの方への栄養指導(約1000件) ・セミナー講師(特定保健指導や美容栄養に関して) ・弁当給食施設の栄養監修 ・美容栄養に関するコラムの監修 ・コールドプレスジュースの開発・栄養機能監修メンバーとして参加 ・関西コレクション経営のモデルスクールでの美容栄養学講師  など