美容と栄養の関係

美肌を保ちたい人必見!ビタミンCの効果とは?

こんにちは。
管理栄養士の北村絵梨子です。

私はありがたいことに、「肌がきれいですね」と言っていただく機会が多いです。化粧品も必要最低限でこと足りています。
「何かされているのですか?」と聞かれると、正直何もしていないので、答えに困ってしまいます。

ですが、「本当に何もしていないのか?」と考えたところ、美肌に効果があるといわれる栄養素を積極的に摂っていました。

今日は、美肌に効果的な栄養素について書いていきます。
読むことで、手軽に美肌を手に入れられるかもしれませんよ。

美肌に効果がある栄養素はビタミンC

美肌に効果がある栄養素はビタミンCです。

子供の頃、オレンジジュースを寝る前に毎日飲んでいました。
今は余分な糖質を摂ることにつながるので飲んでいませんが、この頃から大きな肌トラブルはありませんでした。
思えば、ビタミンCの恩恵をうけていたのでしょう。

ビタミンCは水溶性なので、体内に貯め込むことが出来ませんが、1日に必要な摂取量を満たすのに一役買ってくれた気がします。

ビタミンCとシミ予防との関係

ビタミンCが美肌にいい理由は3つです。
1つ目はメラニン産生を抑制してくれることです。

シミとは、体にメラニン色素が蓄積され、色素沈着となることです。
メラニン色素を作ることで、紫外線により発生する活性酸素(紫外線やストレスなどの影響で増えるもの)から組織を守ろうとします。

メラニンは新陳代謝により剥がれ落ちるのですが、紫外線や皮膚の老化によりメラニンが過剰に作られることで、上手くはがれることが出来なくなり、シミとなって残ってしまいます。

ビタミンCにはシミを作りにくくしたり、薄くする作用があるといわれています。

ビタミンCと老化との関係

2つ目は抗酸化作用があるということです。

紫外線やストレスなどの影響で作られる活性酸素(体のサビといわれています)が、シミを増やしたり、肌の老化の原因になります。
ビタミンCには活性酸素を除去する効果があるといわれています。

ビタミンCと美肌を作るコラーゲンとの関係

3つ目はコラーゲンの生成を助けてくれることです。

コラーゲンとは、タンパク質の一種です。全身の組織に含まれており、主に細胞をつなぎとめる働きをしています。
体のタンパク質のうち、約30%がコラーゲンだといわれています。
コラーゲンを作るのに鉄が必要なのですが、その鉄を使いやすくするためにビタミンCが利用されるのです。

なので、ビタミンCは美肌に効果があるといわれています。
読むことで、手軽に美肌を手に入れられるかもしれませんよ。

果物を食べて手軽にビタミンC摂取を

ビタミンCを手軽に摂る方法は、果物を毎日の生活に取り入れることです。
ビタミンCの豊富な果物を紹介します。

  • いちご


いちごにはビタミンCがたっぷり含まれています。1日に7~10粒のいちごを食べるだけで、必要なビタミンC量を満たすことができるといわれている程です。
からだのサビを防ぐ効果、シミ予防など美肌に効果的です。

また、ポリフェノールの一種であるフラボノイドを含み、強い抗酸化作用や、メラニン産生の抑制、美白効果も期待できます。

  • びわ

ビタミンCの他に、β-カロテン(メラニン色素の生成と沈着を抑える効果が)も豊富に含まれます。
また、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促し、シミを排出する作用もあります。

  • オレンジ

ビタミンCを豊富に含みます。美肌、シミ・そばかすの予防に効果があるといわれています。

  • ブルーベリー


ビタミンCの他に、強い抗酸化力を持つビタミンEも豊富に含みます。
抗酸化力を上げるためにビタミンCの多いフルーツと一緒に食べるとより効果的です。

また、アントシアニンを含むので、目の疲労回復に効果があります。

ビタミンCはヒトの体内で合成することが出来ないので、食品から摂る必要があります。
毎日少しずつ、美肌のために取り組んでいきたいですね。

ABOUT ME
北村 絵梨子
約5年間勤務した弁当給食施設を退職し、現在、フリーで活動中。 様々な活動に取り組んています。 【主な実績】 ・メタボの方への栄養指導(約800件) ・セミナー講師(特定保健指導や美容栄養に関して) ・弁当給食施設の栄養監修 ・美容栄養に関するコラムの監修 ・コールドプレスジュースの開発・栄養機能監修メンバーとして参加 ・関西コレクション経営のモデルスクールでの美容栄養学講師  など