ライフスタイルについて

【感想】「コンサルタントの対話術」とはどのようなものなのか?

こんにちは!
管理栄養士の北村絵梨子です。

「この本読んでみれば?」

ある先輩管理栄養士さんに言われた一言です。
その本がこちら。

著者は和仁達也さん。先日、私が参加してきたセミコングランプリ2019でもコメンテーターをされていた方です。

この写真の中には和仁さんはいらっしゃいませんが…

コンサルタント、以前から興味はありました。
この本を読んで確信した部分もありますが、私の目指すゴールはこの形なんだと感じています。

普段から人と話す機会も多いのと、「対話術」というものに興味があったので、読んでみることに。
今日はこの本について感じたことを書いていきます。

コンサルタント=先生!?

この本を読む前は、コンサルタントって上から目線で仕事をする人だと思っていました。
(かなりの偏見ですね…)


「知らないことを教えてくれる」というと聞こえはいいですが、少しコンサルタントの思う方へ誘導するというイメージもあったかもしれません。
ですが、この本を読んで、180度考えが変わりました。

同じ景色を見ること

私は栄養指導のスキルアップのために、昨年、コーチングの勉強をしていました。
そのノウハウが存分に活かされているのです。

特にコーチングとの共通点を感じた部分は、話を聞くことが大前提であるということです。
コンサルタントの仕事の80%が相手の話を聞くことである、と本の中にも書いてありました。
相手と同じ景色を見れないと、お互いにどうしたらよいのかわからないんですよね。
その点はコーチングとの共通点だと感じました。

管理栄養士とコンサルタント

先程も触れましたが、コンサルタントって、「先生」というイメージがかなりあります。
専門的な知識を使って、アドバイスをするというイメージです。

もしかすると、管理栄養士に対するイメージも一緒なのではないかと思います。


実際、栄養指導でお会いする方の中には、「注意されるんじゃないか」と思われていた方もたくさんいらっしゃいます。

私も含め、実際の現場を見ても、食事の量が多い、お酒の飲み過ぎ、運動不足…、そういった悪いと思われているところを表面上のみで見つけ出し、そこを改めてもらおうと、聞いてもいないのに知識やアドバイスを繰り返すことをしてしまっているんですね。
どうして食事量が多いのか、お酒をを減らせないのか、運動する時間がないのかを聞いていかないと、本当に相手が必要なものを提供できないのではと感じます。

なので、話を聞く、その人がどんなことで困っているのかを言語化する、その困りごとに応じたものを、こちらが提供するというマッチングが必要なのではないでしょうか。

こちらも読んでみて!

というより私が読みたいのですが、実はもう1冊おすすめしてもらっています。

ぜひ、こちらも機会があれば読んでみようと思います。

ABOUT ME
北村 絵梨子
約5年間勤務した弁当給食施設を退職し、現在、フリーで活動中。 様々な活動に取り組んています。 【主な実績】 ・メタボの方への栄養指導(約700件) ・セミナー講師(特定保健指導や美容栄養に関して) ・弁当給食施設の栄養監修 ・美容栄養に関するコラムの監修 ・コールドプレスジュースの開発・栄養機能監修メンバーとして参加 ・関西コレクション経営のモデルスクールでの美容栄養学講師  など