美容と睡眠の関係

睡眠の質を上げるポイントはスマホの「機内モード」だった!

こんにちは。
管理栄養士の北村絵梨子です。

今までの私は、寝るときにスマホの充電をしながら、SNSやサイトを覗いていました。

当時は12時ごろにベッドに入りますが、実際に寝るのは1時ごろ。
起床時間は6時だったため、体は正直しんどかったです。

そんな中、とある講座を受けました。

「健康には食事・運動・睡眠が大事ですが、女性にとって、睡眠はかなり重要なポイントです」という話を聞いたのです。

睡眠についての悩みもなく、意識することがなかった私にとっては、衝撃の内容でした。
ですが、セミナーの内容を実践するだけで、睡眠の質がぐっと変わりました。

今日は、睡眠の質を上げるための方法についてお話します。
ぐっすり良く眠れるようになりますよ。

ぐっすり眠るにはスマホを機内モードに変えるだけ

本当はスマホをベッドサイドに置かないことが一番いいのですが、アラーム代わりなどに使っている方も多いと思うので、あえて書いています。

就寝時のスマホは機内モードにすることがおすすめです。
機内モードとは、電波の送信をしない設定のことで、スマホやタブレットの通信をオフにする機能です。

機内モードを設定すると、飛行機のマークが現れます。

機内モードにするだけで睡眠の質が変わるなんて、初めは信じられませんでした。
ですが、実際にぐっすり寝られるようになってきたのです。

機内モードにしてみての変化のポイント 3つ

実際に体感した変化は3つです。

目覚めがスッキリ

1つ目は機内モードにした日から変化を感じられたことです。
本当に驚きでした。
目覚めた感じが全く今までと違うのです。
ぜひ、経験してもらいたい感覚です。

朝までぐっすり

2つ目は朝までぐっすり眠れるようになったことです。

スマホをいじりながら寝ていたときは、途中で起きることもよくありました。
起きてスマホを触り、眠れないという悪循環に陥っていました。

実は、スマホから飛んでいる見えない電波に無意識のうちに反応し、途中で覚醒してしまうとのこと。
なので、電波が飛ばないように機内モードにするのですね。

スマホとの付き合い方を変えると、途中で目が覚めることもなくなりました。
ぐっすり朝まで寝られることは、本当に気持ちがいいものです。

生活リズムもきっちり

3つ目は早起きにも効果があることです。
当たり前ではありますが、しっかり眠ることで朝もスッキリ起きられます。

生活リズムを調節するホルモンの一つにメラトニンがあります。
睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが分泌を始めるのは、太陽光を目に取り入れてから約14時間後といわれています。
朝日を浴びることで、体内時計をリセットしてくれます。

夜は光を極力少なくして、朝に光を浴びる。
スマホを見ると光を浴びることになるので、夜に眠るというリズムが崩れてしまいます。

機内モードにすることで、スマホ画面を見ることが減り、しっかり寝て、きちんと起きることを助けてくれます。

なので、寝るときのスマホは機内モードにすることがおすすめです。
今夜から、ぐっすり良く眠れるようになりますよ。

まとめ

まずは、今日から寝る前に、スマホを機内モードにしましょう。
たったそれだけで、快眠を得ることが出来ます。
一度、騙されたと思ってやってみてくださいね。

ABOUT ME
北村 絵梨子
約5年間勤務した弁当給食施設を退職し、現在、フリーで活動中。 様々な活動に取り組んています。 【主な実績】 ・メタボの方への栄養指導(約800件) ・セミナー講師(特定保健指導や美容栄養に関して) ・弁当給食施設の栄養監修 ・美容栄養に関するコラムの監修 ・コールドプレスジュースの開発・栄養機能監修メンバーとして参加 ・関西コレクション経営のモデルスクールでの美容栄養学講師  など