メタボリックシンドローム

厳しい食事制限や運動をせずに体型をキープする方法、教えます。

こんにちは。
管理栄養士の北村絵梨子です。

5年ほど前から体重測定と記録を日課にしています。
測るタイミングは起床時と就寝前。

記録に使うのは3つのスマートフォンのアプリです。

実は高校生の頃から、体型がほとんど変わっていません。

eriko
eriko
高校生の頃に買った服はまだ使えます。

ここ最近の体型キープ法は、ただ体重を測って記録するだけ。
特に大きく食事を制限したり、激しい運動をしているわけではないのです。
ですが体重測定と記録は、実際の栄養指導でも最初にお伝えする重要なポイントなのです。

今日は体重測定と記録の重要性についてお伝えします。
きっと今日の夜から体重を測りたくなりますよ。

体型キープに必要なのは計測と記録

体型をキープするには体重計測と記録がおすすめです。
前職での経験で痛いほど感じました。

私は以前、弁当給食を作る施設でメニュー開発の仕事を担当していました。

取引先との商談は新商品の紹介がメイン。
毎日揚げ物のサンプルを、昼食を食べた後でも食べていました。

昼食のご飯も280g(お茶碗1杯で約150gと言われています)を一時期はぺろりと食べていました。

実は、そんな中でも大きく体重は変わりませんでした。

一番の要因は朝と夜の2回、体重を測って記録していたこと。
日内変動を見る中で食べ過ぎを抑えていたのです。

きっと体重を測っていなかったら、もっとブクブクに太っていたでしょうね…。

体型キープのために最初に知るべきは現時点での体重

体重測定と記録のメリットは3つあります。

1つ目は現状把握が出来るということです。
大多数の人たちが、「体型をキープしたい」と言いながら、自分の体重を知らない人が多いです。

客観的に数字を見ることで、「こんなはずじゃなかったのに…」を防ぐことが出来ます。
スタートは自分の体重を知ることから。
自分自身を知ることで、初めて対策を練ることが出来ます。

体重の変化を見てモチベーションアップ

2つ目はモチベーションのアップに繋がるということです。

体重を測定し、記録をしていくとデータが集まります。
データが集まると、グラフを作ることが出来、日々の変化を見ることが出来ます。
どんなときに体重が増えて、どんなときに体重が減るか傾向として現れるのです。

減量目的の人であれば、体重が減っていれば、変化を見るのが楽しくなります。

モチベーションのアップが、生活習慣改善の取り組みを続ける力になります。

グラフを作るのが面倒と思われた方、大丈夫です。
体重管理アプリにはグラフを自動的に作成してくれるものも多いですよ。

体型をキープすることで自信アップに

3つ目は自信につながるということです。

減量はもちろん、体型を維持したい、もしくは増量したいという方もいるのではないでしょうか?
自らの目標を達成することで、成功体験が積み重なり、自信につながるのです。

なりたい姿に近づくことは大きな自信になりますよ。

体重計測と記録は本当におすすめです。
慣れるまでは面倒かもしれませんが、些細なことで体型がキープできます。
押し入れにある体重計を引っ張り出して、測定したくなったのではないでしょうか。

まずは、体重計に乗ることを習慣にしていきましょう。
時間を決めて測るのがおすすめです。

体重キープには記録が必須!おすすめの記録アプリ

まずは、体重管理アプリを探してみてください。

選ぶポイントは、

  • 朝と夜の2回分記録ができること
  • グラフを作成してくれること

です。

おすすめのアプリはこちらです。

RecStyle カロリー管理と体重記録のダイエット アプリ

App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう

ダイエットしたいなと思っている方、まずは体重を測って記録することから始めてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
北村 絵梨子
約5年間勤務した弁当給食施設を退職し、現在、フリーで活動中。 様々な活動に取り組んています。 【主な実績】 ・メタボの方への栄養指導(約800件) ・セミナー講師(特定保健指導や美容栄養に関して) ・弁当給食施設の栄養監修 ・美容栄養に関するコラムの監修 ・コールドプレスジュースの開発・栄養機能監修メンバーとして参加 ・関西コレクション経営のモデルスクールでの美容栄養学講師  など