美容と栄養の関係

便秘を解消したい方におすすめするおやつとは?

こんにちは。
管理栄養士の北村絵梨子です。

皆さまは「おやつ」と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

  • 小腹を満たすもの?
  • 楽しみ?
  • 体に良くないもの?

色々なイメージがあるかと思います。

 

普段、栄養指導などの現場で「おやつは控えめに」とお伝えする機会も多い私ですが、実はケーキや饅頭など、甘いものは大好きです。

ですが、そればかり食べてしまってはもったいない。おやつの時間も美しい体を作る時間にしてみませんか?

今日は管理栄養士である私がおすすめする「おやつ」について書いていきます。

私のおすすめはこれ!

今回、おすすめするのは「ドライいちじく」です。

これを読むことで便秘の改善につながる、何かきっかけになるかもしれませんよ。

私がドライいちじくをおすすめするポイントはたった一つです。
それは、食物繊維が多いこと。

 

食物繊維とは、

  • 人体に好ましくない物質の吸収を妨げ、便として排出させる効果

(水溶性食物繊維:便を柔らかくゼリー状にする)

  • 腸の蠕動運動を盛んにし、食物の残りかすなどを速やかに排出してくれる効果

(不溶性食物繊維:便の量を増やす)

というように便秘に効果的な栄養素と言われています。

 

もちろん、理論では知っていました。
また、美容栄養学の記事監修やセミナーを通じて、美しい体を作るのに必要なことについてお伝えする機会が多いのですが、当然、便秘の話題に触れることもあります。
「便秘には〇〇がいい」と話をしている私ですが、実は私自身、相当便秘に悩まされてきました。

 

ヨーグルトやバナナを毎朝食べましたが治らず。
(あまり好きではないので、どうしても続けられなかったというのもありますが…)
腸もみの施術も受けてみましたが改善は見られず。
お風呂で自分でできる腸マッサージもしてみましたが効果は現れず。

薬を飲むのは嫌なのですが、排出もできないので、トイレに30分以上こもることもしばしば…
(お食事中の方、すいません。)

何をやっても治らない頑固な便秘に悩まされてきました。

あんなに悩んでいたのに…

そんな体質を改善してくれたものが、ドライいちじくです。

もともといちじくは好きでした。
ですが、正直食べる機会はあまりありませんでした。

デパ地下をうろうろしていた時、たまたまドライいちじくの試食を頂き、あのプチプチ感にたまらなくハマってしまい、近所のスーパーに行って即購入。
毎日、隙間時間に1粒ずつ食べてみました。

何日か経ったある日、ふっと変化に気が付きました。
あんなに頑固だったものが、毎朝決まった時間に排出することが出来るようになっていたのです。

実は、ドライいちじくには食物繊維が豊富に含まれています。
(100gあたり10.7g)

1つあたりにしたら大した量ではないのかもしれませんが、もともと好きであったのと、毎日続けることが出来たので、より効果を実感したのでしょう。

また、ドライフルーツであれば持ち運びも出来ますし、いつでも食べたい時に食べることが出来ます。
(もちろん、食べ過ぎは良くないですよ。)

今、私のイチオシのおやつはドライいちじくです。
便秘の改善につながる、何かきっかけになるかもしれません。

選ぶポイントは?

まずは、とりあえず食べてみて下さい。
スーパーなどで購入することが出来ます。
コンビニではまだ見たことがないですが、色んな所で見かけることが出来ます。

ただし、購入のポイントとしては、砂糖不使用のものを選ぶようにして下さい。
食品表示をみて確認してくださいね。

ABOUT ME
北村 絵梨子
約5年間勤務した弁当給食施設を退職し、現在、フリーで活動中。 様々な活動に取り組んています。 【主な実績】 ・メタボの方への栄養指導(約700件) ・セミナー講師(特定保健指導や美容栄養に関して) ・弁当給食施設の栄養監修 ・美容栄養に関するコラムの監修 ・コールドプレスジュースの開発・栄養機能監修メンバーとして参加 ・関西コレクション経営のモデルスクールでの美容栄養学講師  など